ドラマでお馴染みの結婚を申込む際に用意する婚約指輪。

給料の3ヶ月分と言われたり、ダイヤモンドなど、高額な大きな宝石がついているというイメージが主流です。

とても見た目も華やかなものが多く、常日頃付けるものでなく、パーティなどにつけていけるようなデザインのものが多く、装飾が少ない結婚指輪とは逆です。

結婚指輪はシンプルが多いです。

さて、そんな婚約指輪ですが、男性の立場からすると、結婚を約束する女性に贈るとても安いとは言えない高額な贈り物ですが、現在、その婚約指輪という贈り物をしない男性が非常に多くなってきているようです。

必要性を感じない。

という考え方も多いですが、不景気なため、将来の貯蓄に重要性をおく、という考え方も多くなってきているようです。

参考:冠婚葬祭豆知識

ブランド時計や車と同じような考え方、と言えるのではないでしょうか。

そして、同じ資産を共有する女性の立場からも、将来の不安からでしょうか、婚約指輪を必要としなかったり、高額でないものを選ぶということも多くなってきております。

バブルと言われた時代を追え、金銭、物に対する価値観、将来への希望と不安、などが大きく変わってきているからこそ起こる現象ではないでしょうか。

これからもこの不景気と言われている時代が続くならば、より、婚約指輪、というものの必要性を感じない若者が増えていくのかもしれません。