最近、節約志向の高まりにより婚約指輪を省略するカップルが増えています。

確かに、昔のような立て爪のダイヤモンドリングなどを貰っても、なかなかそれを身に付ける機会がなく、タンスの肥やしになってしまう可能性があります。

そこで、私の場合は格式張った婚約指輪ではなく、ファッションリングをいただきました。

小さめのダイヤモンドの周りに複数のブルーダイヤやピンクダイヤがついているもので、可愛らしく少し豪華な雰囲気のするタイプのものです。

これを貰ったのは10年ほど前なのですが、格式張った指輪ではないので、旅行の時やちょっとした食事・ブランド店などに行く時に気軽に身に付けることが出来ます。

また、安っぽい感じもしないため、これから歳をとっても身に付けられると思うので、とても気に入っています。

他にも、婚約指輪お客様の声をチェックしてみると、婚約指輪選びのヒントを得られると思います。

こうしたファッションリングはいろいろなお店で販売されていますし、見ているだけでも楽しい気持ちになりますから、結婚が決まった方はデートがてらショップを見て回ると楽しいと思いますよ。

昔は婚約指輪は給与の3倍などと言われていたようですが、購入しやすい値段の婚約指輪もたくさんありますので、気軽な気持ちで見てみてはいかがでしょうか。